相互リンクSeo-P-link A GID(性同一性障害)専門メンタル心理カウンセリング

最近は - のことで頭がいっぱいです

- とは
ハイフンマイナス (hyphen-minus) あるいはアスキーハイフン (ASCII hyphen) は、ラテン文字とともに使われる記号であり、通常は半角幅の横棒である。約物のハイフン (‐) や演算記号のマイナス (−) として使われる記号である。ASCII、JIS X 0201などのISO/IEC 646系の文字コードや、ISO-8859-1などのISO/IEC 8859系の文字コード、UTF-8などのUnicode系の文字コードにおいて0x2Dの符号位置を持つ文字である。 ハイフンマイナスはタイプライター等の記号として入力が可能であった横棒の意味として、演算等で用いる二項演算子および単項演算子のマイナスの用途と、欧文等で単語区切りに使用する約物のハイフン、単語途中での改行時に使用するソフトハイフン、区切りを表すダッシュなどの複数の意味で使用されていた。

-logy とは
-logy (ロジー) は、英語の接尾辞のひとつ。「〜話」、「〜論」、「〜説」、「〜学」、「〜科学」などを意味する。 (「〜学」と訳されている場合が多いが、そうでないものもかなり多い。) 形式 「.... + logy」もしくは「 .... + ology」の形で用いる。(例. myth + ology → mythology 神話(学) ) 意味、訳語、カタカナ表記 logyは、ギリシア語のλεγειν(レゲイン、話す)という動詞から派生した名詞λόγος(ロゴス)に接辞の-ίαがついたλογία(ロギア) の英語読みである。 ロゴスの意味としては、(1)お話(はなし)、言葉、などと (2) 論理、摂理 などがあった。 したがって"-logy"がさし指す内容にはそれなりの広がりがあり、日本語の訳としては「〜話」、「〜論」、「〜説」、「〜学」、「〜科学」などの訳語が当てられる。(韓国語、中国語等でも同様の漢字が割り当てられていることが多いようである) どの訳語がふさわしいかについて議論になることがある。

無料の資料請求が出来ます!

.優奪肇轡腑奪廚離ーナーになってみませんか?
不況不況といわれる昨今ですが、
むしろ不況によって売り上げが上がっているいる業界があります。
「少しでも安く」「少しでも無駄なものを省く」というところから、
今、ネットショップでの買物に人気が高まっています。
在庫の仕入・管理などを弊社が直接メーカーから行うので、
在庫をかかえる必要がないショップです。
また、ネットショップの制作、商品発注・発送まで
すべて弊社が請け負いますので、オーナー様は、
簡単な注文チェックやお客様の管理、入金業務などを行うだけ!
不況と呼ばれている今がネットビジネスを始めるチャンス!
もっと細かい内容が知りたいと思ったら、無料資料請求をしてみましょう。

主婦の方・定年退職後の方必見!年齢不問のサイドビジネス。


∈澹砲覆靴粘蔽韻忙呂瓩觧が出来るライフビジネス
始めての方でも簡単に稼げるネットオークション
時間がなくても大丈夫!1日、10分でOK!
詳細は無料資料請求をしてみましょう。

サイドビジネス

はてな検索: -

E-MAIL
Eメール

T-1
→チケット&トラベルT-1

T-1
1 2005年秋に行われている、Tシャツのデザインの”戦い”。 ほんとうにカッコいいTシャツとは、いったいどんなものなのか? 人が欲しがってやまないTシャツとは? 強いTシャツとは? 魅力あるTシャツとは? 時...

[ - ] の検索結果 - 教えて!goo

「AMM 2896 80C VW-1 ーFー」リボンケーブル
「AMM 2896 80C VW-1 ーFー」リボンケーブル SHARP製のHDDレコーダー「DV-HR400」のドライブ側から出ているリボンケーブル 「SUMITOMO-M AMM 2896 80C VW-1 ーFー」 この部品が欲しいのですがメーカーで...

秀丸エディタで、「-」や「ー」を文字の前に追加したい。
秀丸エディタを使って「-」や「ー」などの文字を、すべての行の前に追加するにはどのようにすればいいのでしょうか? 例えば、「-」や「ー」などの記号をすべての行の前に追加したい場...

秀丸エディタで「-」や「ー」を文字の前に追加したい。
秀丸エディタを使って「-」や「ー」などの文字を、英数字の行の前に追加するにはどのようにすればいいのでしょうか? 例えば、「-」や「ー」などの記号を英数字の前に追加したい場合、 1...




link1.htmllink2.htmllink3.htmllink4.htmllink5.htmllink6.htmllink7.htmllink8.html